川越喜多院は、埼玉県川越市にある天台宗の寺院で、山号は星野山です。
創建は平安時代の9世紀ころですが、寺号が喜多院となったのは江戸時代に
天海僧正が住職となった時からです。

境内には五百羅漢像があり、日本三大羅漢のひとつで羅漢像は538体です。

本堂隣の書院・客殿は、江戸初期に喜多院が火災で建築物の大半が焼失した時に
徳川家光公が江戸城の西の丸にあった紅葉山御殿を移築したものです。
それで家光誕生の間や春日局の間が書院内にあります。

川越喜多院 御朱印

川越喜多院の御朱印は書院・客殿の入場券を売り場で受け付けています。
御朱印をお願いしてから、書院・客殿を見学して戻ってくると出来上がっています。

川越喜多院 アクセス

川越喜多院の最寄り駅は西武新宿線の本川越駅で徒歩12分程度です。
JR川越駅からなら徒歩で20分程度です。