鉢形城跡は、日本百名城の18番目の城として認定されています。
1476年に長尾景春が築城しました。
ちなみに長尾景春は「長尾景春の乱」と呼ばれる戦乱を引き起こし
この乱の平定には、太田道灌が活躍しました。

その後1558年に後北条氏の北条氏邦が城主となり大修築を行い、
大きく規模を拡大しています。
1590年の豊臣秀吉の小田原征伐で上杉景勝・真田正幸らの攻撃で
落城し、そのご廃城になりました。

伝御殿曲輪の土塁です。
本丸御殿があったようです。

二の曲輪と三の曲輪の間にある馬出です。

鉢形城は、一部石垣がありますが、土塁中心の遺構です。

三の曲輪に復元された四脚門です。
発掘調査で礎石や石段から四脚門があったと想像でき、洛中洛外図に
あった細川管領邸の門をイメージして復元されています。

三の曲輪に復元されている掘立柱建物です。
鉢形城で一番高い所で庭園があったとされています。

 

鉢形城のスタンプ

 

鉢形城の百名城スタンプは駐車場そばにある鉢形城歴史館の中に
設置してあります。

入り口から入ってすぐ左側の受付前にあります。
鉢形城歴史館が閉館時間にはゲート前に設置されているようです。