笠間城は続百名城の112番の城跡で茨城県笠間市にあります。
13世紀初頭に、笠間時頼が築城し、その後城主は明治時代まで
目まぐるしく変わりましたが、江戸時代は笠間藩の政庁として
機能していましたが、明治に入り廃城となり天守閣や櫓などは
破却されました。

笠間城跡は心霊スポットとしても有名でトンネルで鎧武者が
立っているとか、リングの貞子の井戸があるとか言われてます。

千人武者溜りと呼ばれた曲輪跡が駐車場となっているので
ここから城跡に向かいます。

駐車場奥から、進んでいくとすぐに大手門跡に到着します。
門跡の遺構は石垣が若干残っています。

さらに進むと笠間城址公園に到着しますが、かなり荒れていて
草が生い茂っています。
城址公園が本丸跡で八幡台櫓跡などの石碑や案内板が点在しています。
八幡台櫓は、ふもとの真浄寺に移築されています。

本丸跡から進むと天守台跡に入る虎口が見えてきます。

天守台付近には石垣が残っていますが、東日本大震災の影響で
ダメージがかなり残っているのが分かります。

天守台跡には佐志能神社が建っていますが、震災の影響で
崩れそうでちょっと怖いですね。

笠間城 スタンプ

笠間城の百名城スタンプはかさま歴史交流館井筒屋にあります。

<関連記事>
八幡台櫓・下屋敷跡