稲付城は、東京都北区の静勝寺付近にあったとされる城郭です。
武蔵野台地の舌状の崖の突端を利用して築かれました。

扇谷上杉氏の家宰 太田道灌が江戸城と岩槻城をつなぐ拠点として
築城されたといわれています。

静勝寺付近が主郭で北と東と西は崖になっていて、二の郭や三の郭
は、南の方に広がっていたようです。
周辺で発掘調査が行われた際に幅12m、深さ6mの空堀跡が見つかって
います。

静昌寺境内には、太田道灌の座像を安置する御堂があり、毎月26日は
その姿が公開されるそうです。