寿能城は、扇谷上杉氏の家宰 太田道灌の末裔である潮田資忠が築城し
居城とした城郭です。
築城は1560年頃で、大宮北高校から大宮第二公園まで広がる広大な城域でした。
現在は宅地化が進んで、堀などの遺構はほとんど消滅しています。

1590年の豊臣秀吉の北条征伐時に、浅野長政勢に攻められて落城しています。
寿能城落城後は、浅野勢によって寿能城の南にある大宮宿や付近の村は、略奪や
女性には強姦が行われたという記録があります。
戦国期の戦闘では、民百姓には危害が及ばなく、離れたところから見物していた
なんて話をよく聞きますが、戊辰戦争の会津などでも同様に略奪が行われていた
ために、未だに会津地方では薩長への恨みが残っているなど、日本でもそれなり
の占領地での悲劇は起こっていたようです。

寿能城の本丸があったとされる寿能公園です。

寿能公園内には城主の潮田資忠の墓があり、これが物見櫓跡と言われています。

公園から見沼用水を渡ると大宮第二公園があり、この辺りに出丸があったようです。