大阪城は、一向宗の本拠地であった石山本願寺跡に、豊臣秀吉が1583年から築きはじめました。
石山本願寺だった頃から大規模な城塞であったとされ、織田信長もその攻略に十数年かかっています。

豊臣秀吉没後、跡継ぎの豊臣秀頼が居城としていましたが、1615年の大坂夏の陣で落城しています。
徳川時代に縄張りを改築しましたが、1665年に落雷により天守が焼失し、戊辰戦争時に御殿などの建築物が焼失しました。
昭和6年に現在の天守閣が作られました。

百名城スタンプは、天守閣1Fインフォーメーションにあります。
特にスタンプ置き場は無く、案内係の人に声をかけるとスタンプとスタンプ台を出してくれます。

<関連記事>
真田丸