八王子城は、北条氏の北条氏照が1571年に築城し、1587年頃にそれまでの本拠地である
滝山城の防御に限界を感じて移転し、改築増強しました。
八王子城の名前は、この山に牛頭天王と8人の王子が現れたとして八王子権現を祀ったことから
八王子城と名付けられ、現在の市名にもなっています。

1590年の豊臣秀吉の北条征伐で北方隊の前田利家・上杉景勝・真田昌幸らの攻撃を6月23日に
受けわずか1日の戦いで落城しました。
落城の際には、北条氏照の正室など婦女子や子供が城山川の上流で身を投げたため
御主殿の滝は三日三晩、血に染まったと言われています。
その悲劇から八王子城跡は心霊スポットとしても知られています。

本丸跡です。
八王子神社からさらに上ったところにあります。
10m四方程度と小さく大きな建物はなかったようです。

山頂の本丸付近からは東京都心部が一望できますが、かなり急な山道を40分くらい
上る必要があり、覚悟も持って挑んだ方がよいです。

八王子城へのアクセス

八王子の市街地より山側の奥にあり、圏央道の八王子西インターと高尾山インターから
車で10分くらいで、八王子城跡見学者用の駐車場があります。

百名城のスタンプ置き場所

百名城スタンプは、駐車場付近のガイダンス施設内にあります。

施設内の受付カウンターに置いてあります。

<関連記事>
御主殿跡
八王子城本丸跡