PR



埼玉新都市交通というローカルな路線の丸山駅が最寄です。
徳川家康の家臣 伊奈忠次が関東地方の幕府天領を統治する
拠点として陣屋を築きました。
屋敷の規模は東西350メートル、南北750メートルでした。
次男の忠治が川口市の赤山に陣屋を移すまでこの地が幕府の
関東支配の拠点でした。

特に目立った遺構はありませんが、裏門跡から表門跡までを歩くと
空堀や土塁らしきものが散見されます。

丸山駅側の裏門跡付近に、城の出入り口である虎口があったことが
発掘調査で確認されていて、障子堀と呼ばれる堀の中を畝で区切った
形式の空堀跡も発掘されています。
裏門の堀は幅5m、深さ2m程度の規模でした。

PR