喰違見附は江戸城三十六見附のひとつで、江戸城の見附(城門)は
枡形門と呼ばれる、高麗門と渡櫓門が直角に配置され、その対角の
2辺が石垣で囲まれている、高い防御力も持つ構造の門がほとんど
なのですが、喰違門は、虎口と呼ばれる土塁を前後に配置してその
間に門を構えるという、戦国期の城郭によく用いられた構造でした。

喰違門付近は、江戸城の西側で最も高いところに位置していて
1636年に江戸城西側の外堀が築かれる前から、砦のような防御
拠点として機能していて、その拠点を活用して見附とされたために
枡形門を採用しなかったようです。

明治6年に岩倉具視が喰違見附付近で元土佐藩士に襲撃される事件が
起きましたが、岩倉具視は命はとりとめています。

ホテルニューオークラのすぐそばに喰違見附跡はあります。
彦根藩井伊家の中屋敷跡にニューオークラは建っています。

喰違見附跡の南には弁慶濠が水を湛えて残っています。