八王子城の本丸跡へは駐車場付近から40分くらい山道を登っていきます。
標高460mに本丸跡があるので足腰に自身がないなら止めた方がいいです。

駐車場奥にある八王子城の要害地区への入り口です。

北条氏照の重臣 金子家重が守っていたと言われる金子丸です。
尾根をひな壇状にした防御拠点だったようです。
ここまでは麓から10分くらいです。

八王子神社です。
脇にある階段を昇っていくと本丸跡へ行けます。

松木曲輪からの眺望です。
中山勘解由家範が守備していた曲輪で二の丸とも
呼ばれていたようです。

小宮曲輪跡です。
朽ち果てそうな建物がちょっと不気味な感じです。
狩野一庵が守備していた曲輪で三の丸とも呼ばれていました。
上杉景勝勢が搦手から奇襲して小宮曲輪を陥落させたのがきっかけで
大手側も防衛線が崩壊し落城に到ったようです。

本丸跡です。
城の中でもっとも重要な曲輪ですが10m四方とくらいと広くなく
大きな建物は無かったようです。
横地監物吉信が守備していました。
横地監物は落城寸前に奥多摩へと落ち延びました。

山頂付近からの眺望です。