香取神社はJR赤羽駅から南へ徒歩5分くらいの丘の上にあります。

旧稲付村の鎮守社で、経津主神(ふつぬしのかみ)・大山咋神
(おおやまいくのかみ)・建御名方神(たけみなかたのかみ)
を祭神としています。
香取神社の本殿は上野東照宮を本殿を移築されたものと地域では
言い伝えられています。
上野東照宮の本殿は、津藩初代藩主の藤堂高虎が1627年に建てた
とされています。

拝殿後ろの本殿です。

稲付村の力石です。
江戸時代から明治時代の頃まで、秋の収穫のあとに稲付村の
力自慢があつまり、これらの石を「サシアゲ」などをして
力比べをしたと言われています。