赤羽八幡神社はJR赤羽駅から北に徒歩5分ほどの小高い丘の上に
鎮座しています。

京浜東北線と埼京線が分岐するあたりにあります。

創建は詳細不明で8世紀末から9世紀初頭に坂之上田村麻呂が
東北地方を平定する際のこの辺りに陣を敷いたのが始まりです。

平安初期の代表的な武将である坂之上田村麻呂にちなんで
勝負事の神として受験生やスポーツ選手から信仰されているそうです。