神田明神の創建は730年で、当初は大手町の将門塚付近に鎮座していました。
武蔵の有力武将の太田道灌や北条氏にも手厚く崇敬されていました。
1616年に徳川家康が江戸城を増築をする都合で現在の場所に移されました。

境内にある「石獅子」です。
江戸期の石像だそうで、現存しているものがあまりなく珍しいそうです。

石獅子の裏手に神馬の「あかり」がいました。

神田明神 アクセス

神田明神の最寄り駅は名前から神田駅と思われがちですが、御茶ノ水駅なら徒歩5分くらい
秋葉原駅なら徒歩7分くらいです。

神田明神 御朱印

神田明神の御朱印は拝殿の左の社務所で受け付けています。

筆で直接書くのではなく、写真付きの印刷物を添付されて横に朱印を押されます。
初穂料は300円です。