PR



根岸神明社はさいたま市南区根岸にある神社で、ご祭神は天照大御神です。

江戸時代には、根岸神明社から西側に200mほどに中山道が通っていて中山道沿いを
中心に集落を根岸村と呼ばれていました。
根岸神明社は、根岸村の村社であったとされています。

神明社は、丘陵の中腹に氏子集落を見守るように鎮座しています。

根岸神明社の西側に旧中山道です。
中山道は大きな街道でしたが、当時の名残はこのあたりはほとんど残っていません。

拝殿と本殿です。
大正11年に大規模な改装がされたと本殿内の棟札に記されています。

2月3日の節分祭では、拝殿の戸を全開に開き、豆まきが行われるようです。

拝殿の左側に、社が2つほどあります。

神明社は、江戸時代の伊勢信仰が中山道沿いに流行したのを受けて、伊勢神宮の
ご祭神である天照大神を分祀して、ご祭神としています。

さいたま市南区文蔵にある、文蔵神明社は、根岸神明社から南東に1km程度に
位置していますが、こちらも伊勢信仰をしている神社です。

PR