柏木神社は、14世紀ころに創建されました。
創建当時は、荒川に面した場所にありましたが、当時の境内は戦時中に
軍需工場として接収されて現在の場所に移りました。

当初の境内は、神楽殿もあり、広大な敷地で壮厳な森に囲まれていたそうです。
荒川を往来する水上交通の安全を祈念する神様とされていました。