日枝神社(日枝神社)は東京 赤坂にある神社で江戸三大祭り
の一つ山王祭が行われます。

創建は、太田道灌が江戸城築城の際に、川越の日枝神社から
分祀し、当初は江戸城内の紅葉山に鎮座していましたが、
移転を繰り返し現在の地に建てられています。

日枝神社は、星が岡城の二の丸跡にあり、土塁跡などの
遺構が残っています。
星が岡城の本丸は、キャピトル東急付近で、高台でしたが
掘削されて低地になっています。
三の丸は日比谷高校付近にありました。
本丸、三の丸には遺構はほとんどありません。

外堀通りからの参道にはエスカレーターが設置されています。

日枝神社 御朱印

日枝神社の御朱印は、楼門右手に御朱印の受付があります。

初穂料は500円です。

日枝神社 アクセス

東京メトロ 銀座線・南北線の溜池山王駅の7番出口を出て
外堀通りを右手に進んで3分ほどで到着します。

日枝神社の本社は、川越喜多院に隣接する日枝神社です。
現在では、川越の本社と比較するとその規模は赤坂の日枝神社が
大きくなっています。