市ヶ谷亀岡八幡神社は、15世紀後半、太田道灌が江戸城を築城した際に
西方の守護神として鎌倉の鶴岡八幡宮から分祀し、創建しました。

徳川幕府の江戸城拡張で外堀が完成した時に今の位置に遷座されました。
太田道灌が使用したとされる軍配団扇を所蔵しているそうです。

ペットの慰霊やペット用のお守りなども取り扱っています。

結構急こう配の丘の上に鎮座しています。