川越熊野神社は1590年に蓮馨寺の二世然誉文応僧正が紀州熊野から勧請したことに
始まり、当時は蓮馨寺の境内にありました。
明治に入り、神仏分離により現在の場所に移されています。

地元では「おくまんさま」と呼ばれて親しまれている神社です。

川越熊野神社へのアクセスはJR川越駅から徒歩15分くらいです。

12月3日には酉の市行われ、熊手が売られます。
また、毎月第3日曜日には、厳島神社で縁日が行われます。

ご祭神は、
・伊弉冉尊(いざなみのみこと)
・事解之男尊(ことさかのおのみこと)
・速玉之男尊(はやたまのおのみこと)
です。

境内には運試しの輪投げなるものがありちょっと遊べます。

銭洗い弁天と宝池があり、そこで洗ったお金は福銭になり身につけて
いると金運が上がるんだとか。

PR