PR



川越城は室町時代の1457年に扇谷上杉氏の家宰 太田道灌が武蔵国の拠点として
築城し、対立していた古河公方に対する防御拠点としました。
太田道灌が築城した当時は本丸と二の丸が城域だったようです。

城域は、川越市役所から本丸御殿に隣接する初雁公園付近までありましたが
現在は大半は失われています。
川越市役所付近に大手門がありました。

江戸期には、川越藩の藩庁が置かれていました。

川越城は、戦国期には河越城と呼ばれていました。
天守閣はなく、本丸御殿の南西にある富士見櫓が天守代わりになっていました。
富士見櫓は、川越城内で最も高いところにあり三層構造であったようです。

川越城 スタンプ

百名城のスタンプは、本丸御殿入り口の入場券売り場にあります。
スタンプ置き場が設置されているわけでなく、係員に声をかけると
シャチハタ式のスタンプを出してもらえます。

<関連記事>
本丸御殿
富士見櫓跡
中ノ門堀跡

PR